六本木キャッシング塾

キャッシングカードの上手な使い方

キャッシングは、せっかく使うのであれば「スマートに使いこなす」ようにしましょう。
最近では、カード(キャッシュカード)を使わないローンやキャッシング商品も多いので、
人前でカード利用を知られる機会も少なくなってきました
もちろん、ショッピングやサービスの利用にクレジットカードは欠かせませんが、
クレジットカードでさえもオンラインでキャッシングができるなど、より便利で快適なものへと変化してきているのです。

 

クレジットカードでキャッシングをする場合、多くの方(未経験の方)は、
提携するATMやCD機でお金を借りる必要があると思っているようです。
しかし、キャッシングはすべてネット上の手続きだけで、
カンタンにお金を借りることが可能です
既に、ネットバンクに銀行口座を開設された方はご存知の通り、
ネット口座への取引はメンテナンス時間を除く、24時間・365日いつでも利用することができるので大変便利です。

 

キャッシングをこれからはじめよう、スマートな取引がしたいという方は、ネット銀行やオンライン口座の開設をセットで考えてみてはいかがでしょうか?
ネット銀行を利用すれば、いつでもキャッシング専用のカードを持ち歩く必要がありません。
財布には銀行のカード1枚だけで、すべての取引を管理することができるのです。

 

ただし、街中でも緊急時の引き出し(キャッシング)ができるように、最低でも1枚は銀行のキャッシュカードを持ち歩くようにしましょう
いくら、全ての手続きや入出金がオンラインで行えたとしても、実際にお札として引き出すには、キャッシュカードが必要になるからです。

 

 

キャッシングカード選びで大事なこと

キャッシングをする場合の選択肢は沢山あります。
銀行・信販会社・消費者金融の他、クレジットカードを使ってキャッシングをすることも可能です。
どの場所、どの金融機関でキャッシングをするかは、私たちの選択に掛かっていると言えます。
お得な方法でキャッシングがしたい」という場合は、以下のポイントを参考に、各サービスを比較してみてください。

 

● 金利(実質年率)は何パーセントか?
● 審査は可決されやすいか(審査の難易度)どうか?>
● 金利が高い場合、その他にメリットはないか?
● 必要な返済総額の違いについて(完済までに支払う金額)

 

これらのポイントを参考にキャッシング商品を比較すれば、より「自分にふさわしいカードローン」が見つかります。
特に、金利についてはシッカリ確認しておいてください。
わずか数パーセントの差でも、全体に必要な金額(返済総額)で大きな違いが生まれます。
また、金利が高い場合は、付加価値がないかどうかチェックしてみてください。
(例えば)信頼性がある、利用毎にお得なサービスが受けられるなど、各キャッシング商品やカードローン商品の「特徴」に注目することが大切です。

 

クレジットカードの場合は「キャッシング金利が高い」というデメリットがありますが、反対に「付加価値が高い」というメリットがあります。

 

入会時に1万円近いキャッシュバックのあるものを利用すれば、それだけでも入会する価値は高いと言えるからです。
また、キャッシングを利用する度にポイントが貯まるもの、ポイントをキャッシュバックできるサービスを選べば、クレジットカードを使ったキャッシングでも、損を感じることはほとんどありません。