それでも彼を信用している

こんにちは、エリです。俊夫が神奈川に転勤になってからもうしばらく経つので、俊夫が近くにいない生活も慣れてきてしまったんですけど、やっぱり寂しいときはついついLINEとかしちゃうんですよね。

仕事は相当忙しいはずなのに、それでもLINEはその次の日までには返してくれます。「寂しい思いさせてごめんね」とか、「また〇〇日には帰るからね」とか言ってくれるので、すっごい嬉しいし、その日まで頑張ろうって思えます。

次回はのろけ話はしないとか前回の記事で書いたのに、結局しちゃった(笑)でも、のろけ話が我慢できないくらい幸せだし、俊夫のことを信頼してるんですよ。

ただ、この前ちょっと不可解なことが…。それは、彼から送られてきた1通のLINE。

「今日は本当に楽しかった! 特にタバコの銘柄の話はめちゃくちゃ盛り上がれてうれしかったよw よかったら今度また飲みに行こうぜ!」

彼は間違えて送っちゃったと続いてすぐにメッセージを送ってきましたが、この内容、どうやら誰かと食事か飲みに行った後のメッセージです。このメッセージを見て一瞬、彼の浮気を疑っている自分がいることに気づいてしまいました。

普通の男友達に送っている可能性だって十分にあるはずだし、例え女性に送っているとしても彼が浮気なんかするはずない。一瞬でも疑っている自分が恥ずかしく、彼に申し訳なくなりました。

いくら離れていたって、彼との信頼関係はある。大丈夫、彼は私を裏切ることは無いし、私も彼のことは絶対に裏切らない。そう自分に言い聞かせて、今日も彼のいない寂しい夜を過ごしています。